サプリメントができるまで

一貫して安心を追求

一貫して安心を追求

一般的なサプリメントでは、パウダーやエキスなどの原料をどこかから購入し、混合し形成するのですが、美人野菜では、誰がどこで作った野菜かわかる、というトレーサビリティを重視し、主原料となる野菜パウダーは自社で生産しています。

収穫から一貫して管理することで、より安心・安全な商品作りを実現しています。

サプリメントができるまで

Step1 原料の収穫

5ヘクタールの自社農場をはじめ、契約農家など「だれがどこで作った野菜」かがわかるものを使っています。

もちろん栽培履歴も分かり、残留農薬検査に合格したものだけを厳選。

Step2 前処理

入荷した原料野菜を目で見て選別し、傷んだ部分や異物を取り除きます。

Step3 洗浄

水槽型異物除去装置で、バブリングしながら連続的に水洗いして、野菜の付着している細かいゴミなどを取り除きます。

Step4 カット

スライサーを使用して、この後の殺菌行程、乾燥行程に適した大きさにカットします。

しょうが、れんこんなどは皮付きのままカットします。野菜を丸ごと食べるマクロビオティックの考え方にも合っています。

Step5 殺菌

過熱水蒸気を利用して殺菌します。過熱水蒸気とは、100℃で気体になった水蒸気にさらに熱を加えたもので、最近ではスチームオーブンといった調理器具によく使われていますね。

煮沸殺菌と違って、煮汁に栄養素が逃げることがありませんし、薬品殺菌ではないので、安心安全です。野菜のおいしさも残ります。

Step6 乾燥

殺菌後に温風で乾燥します。

野菜を傷めないように、あまり温度をあげず、じっくり乾燥します。温度や時間などの条件は、野菜ごとに最適な具合に設定しています。

Step7 粉砕

ジェットミル(気流式粉砕機)で平均20ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリメートル)まで細かく粉砕します。

気流の中で乾燥野菜がぶつかりあって砕けていきます。食材に余計な熱が加わらず、素材の旨味を壊しません。
20ミクロンの野菜パウダーは、舌に乗せると溶けるような食感です。

Step8 包装
菌検査

パウダーやその他の材料を錠剤に加工し、包装した後、製品の安全性を確認するため、抜き出した試料で検査を実施して、合格したものが出荷可能になります。

Step9 完成

さらに、異物混入がないか、金属探知機・X線検査機で全品をチェックしてから皆さんのところにお届けしています。